2019年12月1日日曜日

[2019.12.01] 彩の国西部地区 決定戦 FC.forza



トップチームが出場する天皇杯予選の西部地区代表決定戦、
FC forzaとのゲームが行われました。

序盤長いボールで相手の背後を取るプランで臨みましたが、
肝心のキックの精度が低く再三ボールを失う悪い立ち上がり。
失い方が悪いことで守備への切替えも遅くなり、狙っていた
前線からのプレスが機能せずバランスを崩したまま相手の
ペースで進みます。

時間の経過と共に徐々に立て直しフィニッシュに繋げる場面
も増えますが、少ないチャンスもクロスバーに嫌われるなど
得点を奪えないままスコアレスで折り返し。

気持ちを切り替えた後半、FWにポジションを移した10牧田選手
が前線で起点を作ると、両サイドバックも高い位置を取れる
ようになりゲームを掌握。

半ばに途中出場9谷内選手の粘りから14岸選手がネットを揺らし
待望の先制点を奪うと、10牧田選手が胸トラップから距離の
あるダイレクトボレーを沈める圧巻の追加点。
終了間際には敵陣PA内で倒されて得たPKを2鈴木選手が自ら
決めてダメ押し、3-0で勝利しました。

積極的に前から奪いに来る相手の果敢な守備に苦しい前半
となりましたが、先週足りなかった気持ちの部分を全員が
出し切り、後半は戦う気持ちを前面に出したスピードある
プレーで快勝、年明けに行われる彩の国連盟会長杯へ駒を
進めました。

尚、この試合をもちましてトップチームの2019年公式戦
全日程を終了しました。ご支援ご声援頂いた皆様誠に
ありがとうございました。


彩の国西部地区 決定戦
vs FC.forza

前半 0-0
後半 3-0
合計 3-0

得点者
14岸
10牧田
2鈴木(PK)

警告
なし

2019年11月24日日曜日

[2019.11.24] 彩の国西部地区 2回戦 日高クラブ



トップチームが出場する天皇杯予選の2回戦、日高クラブとの
試合が行われました。

序盤からボールこそ保持するもブロックを作る相手に効果的な
縦パスを差し込めず停滞した中でCKから先制点を献上。

直後に10牧田選手の素晴らしいスルーパスから裏へ抜け出した
6佐藤選手が左足で突き刺し同点に追い付くも内容は好転せず。

守備が緩く相手を捕まえきれずに度々危険なカウンターを
受けるとそのカウンターから独走され失点、1-2で折り返します。

ポジションを入れ替え高い位置でプレーできるようになった後半は
ほぼ全ての時間相手陣内でのハーフコートゲームになり再三
左サイドを中心に決定的な場面を作りますが、相手守備陣の奮闘や
GKのファインセーブに阻まれ得点を奪えず。

しかし敗色濃厚となったラストワンプレーで6佐藤選手の好クロスを
20小寺選手が巧みに流し込み土壇場で同点。

迎えたPK戦は1篠崎選手が二つストップする活躍もあり勝利、
西部地区代表決定戦へと駒を進めました。

試合前の準備の段階から戦いに臨むチームの雰囲気とはいえず
苦戦は必然。サッカーはもちろん気持ちだけでは勝てませんが、
強い気持ちと良い準備がなければ勝ち続けることはできません。

運良く次の戦いに臨めるチャンスを得ることができたので、
もう一度初心に立ち返りそれぞれが全力を尽くしましょう。


彩の国西部地区 2回戦
vs 日高クラブ(日高市)

前半 1-2
後半 1-0
合計 2-2
PK  4-3

得点者
6佐藤
20小寺

警告
14岸

2019年11月17日日曜日

[2019.11.17] 彩の国西部地区 1回戦 KIZUNA FC



トップチームが出場する天皇杯予選の初戦、KIZUNA FCとの
ゲームが行われました。

やや強い風が吹く中風上に陣取った前半、序盤から攻勢を
掛けると、5分に8森選手の直接FKが相手GKのミスを誘い先制。
さらに6佐藤選手が倒れ込みながら左足で捻じ込むと、
2鈴木選手と14岸選手のファインゴール、CKのこぼれ球を
10牧田選手がPA外から冷静に蹴り込み5点のリードを奪い後半へ。

後半も相手陣内でのゲーム、開始直後に8森選手が右サイドから
のクロスを流し込むと、30矢部選手と17三浦選手にも得点が
生まれ8-0と大きくリード。

後半中盤以降はやや集中を欠きミスから危ない場面を作られるも
GK1篠崎選手の好守にも助けられ完封勝利、2回戦へ駒を進めました。


彩の国西部地区 1回戦
vs KIZUNA FC(東入間地区)

前半 5-0
後半 3-0
合計 8-0

得点者
8森×2
6佐藤
2鈴木
14岸
10牧田
30矢部
17三浦

警告
なし

2019年11月10日日曜日

[2019.11.10] 練習試合 川口FC

トップチームの練習試合、県リーグ3部南部地区を制した川口FCと
40分×3本のゲームを行いました。

序盤相手の圧力に押され開始7分に失点。その後も相手の前プレに
ミスを頻発する苦しい内容となりますが、徐々に両サイドを起点に
ポゼッションを高めて盛り返し敵陣内に押し込む展開。
しかし最後フィニッシュの部分で仕事をさせてもらえず0-1で2本目へ。

2本目はより高い位置でボールを動かし大半の時間でポゼッションを
握り敵陣内でゲームを進めますが、1本目と同様ボールを持たされて
いる形となり最後ペナルティボックスで固い守備をこじ開けられず。
すると半ばに自陣ゴール前のルーズボールを押し込まれると、気落ち
したところでCKなどで連続ゴールを奪われ0-4。

気持ちを切り替えて臨んだ3本目は17三浦選手と14岸選手の得点で
追い上げるも反撃が遅く2-4の敗戦となりました。


練習試合 40分×3本
vs 川口FC

1st 0-1
2nd 0-3
3rd 2-0
Tot 2-4

得点者
17三浦
14岸

[2019.11.10] 狭山会長杯 予選第3節 FCバモラ



ナイト(セカンドチーム)が出場する狭山会長杯予選第3節、
FCバモラとの試合が行われました。

試合開始早々、裏へ抜け出した34松井選手がGKを鼻先で
交わし先制。さらに21虫本選手も相手守備陣の連係ミスを
突きネットを揺らし早々と2点のリード。

その後もCBに入った15田嶋選手が鉄壁の守備でチームに
安定感をもたらすと中盤の選手達も豊富な運動量でハード
ワークを続けゲームを掌握。
松井選手が前半のうちにハットトリックを決める活躍も
あり4-0と大きくリードを広げて折り返します。

後半も主導権を握り21虫本選手が試合を決める得点、
素晴らしい直接FKで1点を返されるも、豊富な控え選手を
次々投入し交代枠をフルに使いながら逃げ切りを図り
最後は途中出場11斉藤選手にも得点が生まれ6-1で勝利、
予選リーグ2位突破で決勝戦へ駒を進めました。


狭山会長杯 予選第3節
vs FCバモラ(狭山市1部)

前半 4-0
後半 2-1
合計 6-1

得点者
34松井×3
21虫本×2
11斉藤

警告
なし